FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美しき災い」 ロビン・ドナルド 

美しき災い美しき災い
ロビン ドナルド 八木 美喜子
ハーレクイン・エンタープライズ日本支社 1988-02
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<あらすじ *ネタバレあり*>
ジェネットの母が再婚したのは彼女が二歳のときだった。
それ以来テプリリ牧場で暮らしてきたが、ジャネットにとっては辛い日々だった。
両親はジャネットの妹・メリーばかりかわいがり、ジャネットは邪魔者だった。
そして、密かに愛してきた義兄・レイフはジャネットを軽蔑し憎んでいた。
そんな環境から逃れるように若くして結婚したジェネットだったが、夫の暴力に悩み夫の従兄弟とともにオーストラリアへと逃げ出した。
あれから五年。
ジャネットは二度と戻るつもりのなかったテプリリ牧場に戻ってきた。
妹・メリーと前夫の結婚を阻止するために。

<感想>
戻ってきたヒロインは、彼女を軽蔑し憎んでいるヒーローと再会。
そして・・・というお話です。

ロビン・ドナルドは鬼畜ヒーローで有名な作家さんの一人です。
この作品のヒーローも“出ました!”というくらい鬼畜さんです。
そして、ヒロインを愛するが故の鬼畜という点で、典型的な鬼畜さんです。
つまり、ヒロインへの愛を自分自身に対して認められずヒロインに責任を転嫁してあたる→その後ヒロインへの愛を受け入れメロメロになるという展開をみせる作品です。

私は傲慢尊大ヒーローは嫌いではありません。
本当はけっこう好きだったりします(笑)。
でも、鬼畜ヒーローはちょっと苦手f(^^;) ポリポリ
鬼畜ヒーローの自分勝手な思考回路についていけない・・・
だから、この作品のヒーローのように「ひれ伏して謝ってほしいのかい?」なんて言われたら・・・









当たり前じゃぁぁぁ~!!!


と、言いたくなるのです。

<作品>
「美しき災い」(R585)
原題:Captives of the Past
出版社:ハーレクイン
著者:ロビン・ドナルド
発行日:1988年2月

<スピンオフ情報>
「愛していた記憶」:主人公の妹・メリーのお話

<再販情報>
ハーレクイン文庫(B152)で再販されています。
美しき災い美しき災い
ロビン・ドナルド 八木 美喜子
ハーレクイン 1996-02
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

こんにちは♪

以前のレスでお勧めのリンの本を探究本リストに追加しました!
行きつけの古本屋さんには無かったので気長に探しますゎ

ロビンの話が出てきましたので私も一言
本当、読むたびにヒーローに対してストレスが溜まるわたくしです、が、何故か見かけると購入してしまうのがロビンです、で、読後ソッコーで手放してしまうのです
他の作家さんなら買わなくなるんですが ロビンだけは買ってしまうんですよね、怖いものみたさ!?かしら・・・

保存本のリストを見るとロビンの本は3冊しかないんですよね
ちなみに
「遠い日の炎」「海の見える家」「愛のプレリュード」です♪



コメントありがとうLove(* ̄▽ ̄*)Love

きのこさま、こんにちは!

コメントありがとうございます!!

>以前のレスでお勧めのリンの本を探究本リストに追加しました!

気に入っていただけるといいのですが・・・。
読む機会があったら感想お聞かせくださいね。

>本当、読むたびにヒーローに対してストレスが溜まるわたくしです、が、何故か見かけると購入してしまうのがロビンです、で、読後ソッコーで手放してしまうのです

わかります~。
そうそう、怖いもみたさ?[壁]_・)チラッ
私も「もう二度と読まないぞ。」と思いつつ、手にとってしまいます。

「遠い日の炎」「海の見える家」は未読です。探してみますね♪

ちなみに、「美しき災い」のスピンオフ「愛していた記憶」は私の№1ロビンです。
めずらしく(!)鬼畜じゃないヒーローなんですよ~。

こんにちは♪

午前中に古本屋さんへ行ってまいりました~
ロビンの「さよならフィアンセ」を購入、「美しき災い」あったんですけど 文庫だったのでパス 「愛していた記憶」ありませんでした・・・
「理想的な婚約者」があったので、これはlukさまのHPに載っていた本だ!と購入しました

lukさまの感想はとっても面白くって購入の参考になってます!

コメントありがとうLove(* ̄▽ ̄*)Love

きのこさま、こんにちは!

コメントありがとうございます。
今日は私も午前中に古本屋さんへ見回りに・・・(笑)
でも、探し物はなかなか見つかりません(涙)。

>lukさまの感想はとっても面白くって購入の参考になってます!

ありがとうございます(号泣)!
そう言って頂けると本当に嬉しいです(涙←本当です)。
「理想的な婚約者」はオススメの一冊で、何とか作品のよさをお伝えしたいと頭をひねって感想を書きました。
きのこさまにも気に入っていただけるといいなあ~。

ロビン・ドナルドが話題になりましたので、もう一作記事をupしてみました。
ちょっと(?)辛口な記事ですが・・・いかがでしょう?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://luk.blog11.fc2.com/tb.php/440-e8b82d58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。